« スキーの事故に備えて | トップページ | 湯たんぽでのやけどに注意 »

2007年1月 3日 (水)

湯たんぽで快眠

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

今年最初の記事は、「湯たんぽ」です。今年は暖冬で、あったかいお正月ですが、大晦日から、我が家では「湯たんぽ」を導入しました。Img_0952 Img_0936 湯たんぽといっても、子供にはちょっと変わった形をしたやつを買ってあげました。それは、湯を入れたケース部分が、直接、体に当たらないように工夫してある湯たんぽです。これは、低温やけどが、しにくいように、かなり考えられた優れものです。実は、私が子供のときに、低温やけどで、今でも足にやけどの跡が残っているからです。湯たんぽだと、最初は熱いですが、だんだんとさめていくので、ちょうど気持ちがいいのです。さめると言っても、朝まで十分あったかいです。我が家の使い方を紹介します(といっても、母親に教えてもらった方法ですが..)

  1. 寝たときに、背中に当たる部分に、寝る一時間前から入れておく
  2. 寝るときは、足元に移動して、背中も足もあったか!
  3. 朝起きると、洗面所に湯たんぽをもってきて、洗面器に入れて顔を洗う。

昔の人は、ほんと良く考えたなと思います。お湯なので、電気のような、変なにおいはしないし、経済的で体にも悪くないし、いいところばかりだと思います。ちょっと、たくさんの湯たんぽに湯を入れるのは大変ですが、きっと、たくさんのお湯をわかして、部屋が乾燥しないのも、いいところだと思います。家の中だけでなく、冬のキャンプにチャレンジするときは、きっと冬の定番アイテムになると思いました。

|

« スキーの事故に備えて | トップページ | 湯たんぽでのやけどに注意 »

コメント

明けましておめでとうございます!

「湯たんぽ」 子どもが赤ちゃんの時に「ベビー湯たんぽ」使いました。 でも それ以来ごぶさたです。

もとくん家の使い方 ムダがない!
つめたーいお布団に入る時って勇気いりますよね(笑)。
これなら、背中も足もほっかほかで気持ちよく眠りにつけそう。

今年も アウトドアや便利グッズ色々と教えて下さいね! 楽しみにしています♪

投稿: ことしお | 2007年1月 3日 (水) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181735/13322601

この記事へのトラックバック一覧です: 湯たんぽで快眠:

« スキーの事故に備えて | トップページ | 湯たんぽでのやけどに注意 »